苛苛辺りが吹き飛んで前向きな気分になれる

 わたくしはヘルシーといったシェイプアップのためにランニングをしています。ムーブメントには色々あるというのですが何故ランニングかと言うと一番返済が少なくて済むからです。所詮着物の洗濯チャージくらいで済みますし、着物も靴も一際ランニング要件を買わなくてもシャツというジャージとムーブメント靴で済むからだ。フィットネスクラブも最初は考えたのですが、月謝を払ってしまうと人々気分になってしまい「行かなくてもその分フィットネスクラブは儲かるわけだから不具合にはならないだろう」といった当人弁明を通して途切れるとしてやめました。こういう考え方は、本当にランニングを何とかから2-3日空間が空いてしまったり、職務が忙しくて1か月できなくても気にせず積み重ねるためにも役に立っています。
 最初は4kmほど駆けるってシャワーを持つのもきついほど疲れましたが、だんだん走行距離が伸びました。ただし初期はウエイトが重かったので足首や膝に負担がかかり痛むこともしばしば。そんな時は不能せずお休みしました。じわじわ走行距離が伸びると嬉しくなるとともに、疲弊よりも頭がリフレッシュ繋がるインパクトに気づきました。職務の気がかりやライフスタイルの疑惑、苛苛辺りが吹き飛んで前向きな気分になれるとともに、走っている間は完全に自分の歳月として考え事をすることができるのでわたくしにとっては重要でありにくい歳月となっています。1通年滑るといった10kmくらいは普通に走れるようになり2時視線くらいにはハーフマラソンについに参加しました。ウエイトはこの頃になっても至極手配なかったのですが習慣になってくると体が走りたくてうずうずするようになってきたのでそのまま続けていました。3時視線ほどから体重が減りするようになり、5-6時で10kg限り減りました。随分と効果が出るのに歳月がかかりましたが急激に痩せこけることはなかったので却って良かったかなと今では思っています。冬のご時世等は2ウィーク限り走らないでいると走り回るのが億劫になってきますが、ひとまず走り回るとまた翌日から走り回りたくなります。また、続けてきたお陰様なのかウエイトがちょっと増えてもとにかく走り回るとたちまち元に戻ります。フィットネスクラブに入って何年も続けていたらいくらかかったのだろうと思うとちょこっとゾッとします。このままかしこくランニングって付き合っていきたいと思います。xn--cck1au7s7a.net

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です